環境にやさしいエネルギー

印刷

環境にやさしい理由

  • 太陽光発電は無限でクリーンなエネルギーです。
    電気をつくる石油などの資源には限界があり、さらにCO2を大量排出して地球温暖化の原因になっています。クリーンで、無尽蔵な自然なエネルギーを利用する太陽光発電は、普通の暮らしでできる環境保護です。
  • CO2を排出せず、化石燃料を使用しないため、エネルギー問題や地球温暖化などの環境問題の解決策として国や自治体などからも普及活動が行われています。
    その太陽光発電の効果としては3.84kWシステムを利用した場合、年間予測発電量約4.112kWhで石油消費削減量は約993Lと18L缶の約52缶分、また、CO2排出量削減量では、杉の木約92本分の吸収量に相当します。

※1 電池容量3.84kWシステム〈太陽電池モジュール ND-160AV×24枚(大阪市、南面設置、傾斜度30°)〉での予測発電電力量です。
※2 火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして試算。
※3 太陽光発電システムのCO2削減効果は、結晶系シリコン太陽電池:314.5g-CO2/kWhで試算。
さらに、林野庁「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策(H.14)」による
50年生のスギ1本あたり1年間に約14kgのCO2を吸収するとして換算。

停電・災害にも強いエネルギー

地震や台風などの災害により、もしも長期間停電になった場合でも、太陽光発電なら自立運転モードで電気を供給。専用のコンセントに、使用したい電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。

自立運転モード

※ 停電の場合、自立運転モードで、システム専用コンセントのみAC100V(最大1.5kwまで)を使用できます。

天候条件や時間帯によって制約はあるものの、自立運転に切り替えることで専用コンセントでAC100V (最大1.5KWまで)が使用できます。これを上手に活用すれば、電気が復旧する迄でも、様々な電化製品が使用可能。

テレビやラジオなどを使用して災害時の最新情報を確認したり、携帯電話を充電しておくことができたり。停電時にも、様々な場面で活躍する太陽光発電です。

 

ページ先頭へ