太陽光発電について

印刷

太陽光発電とは

住宅用太陽光発電システムは、太陽電池で発電した直流をパワーコンディショナーに通すことでご家庭で使える交流に変換し、屋内分電盤によって各電器機器へ電力を供給するものです。

太陽光発電は、太陽の光で電気を作りますので、石油のように枯渇する心配がありません。
次世代のエネルギー源として世界的にも注目を集めています。

  1. 太陽の光から電気をつくる『太陽電池モジュール』
    このパネルで太陽の光を受けて、電気を作ります。
  2. 家庭で使える電力に変換する『パワーコンディショナ』
    太陽電池モジュールで発電された電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に変換。さらにシステム全体の運転を自動管理します。
  3. 電力を各電気機器に送る『屋内分電版』
    発電した電力を各部屋で使えるように送ります。
  4. 売る電力と買う電力を量る「電力量計」
    総発電量から使用分を差し引いた電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。

太陽光発電の特徴

  1. 電気をつくる
    朝、太陽が昇りはじめ、発電を開始。正午過ぎにピークをむかえ日没まで発電します。
  2. 作った電気を使う
    日中、ご家庭で消費する電力を太陽光発電でまかないます。
  3. 余った電気を売る
    自家消費しきれない「余った電気」を電力会社に売ることができます。

【つくる】、【使う】、【売る】が自動的に行われ、ムダのないシステムです。

寿命・メンテナンス

システムの運転は全て自動で行われ、日々の生活で操作を必要としません。
また、可動部分が少ない静止型発電の為、製品の劣化も少なく高耐久。
モジュール(太陽光パネル)の期待寿命は20~30年。長期の使用が可能です。

 

ページ先頭へ