LPガスとは

印刷

LPガスとは[Liquefied Petroleum Gas]つまり液化石油ガスの略称で一般的に頭文字をとってLPガスと呼ばれています。

LPガスは炭素と水素の化合物で炭素数3のプロパンC3H8と炭素数4のプタンC4H10と2種類がありますが一般家庭でつかわれているのはプロパンでプロパンガスとも呼ばれています。

また、LPガスは容積が小さい液体の状態で貯蔵配送され使用時には気体で消費されます。たとえばプロパン10kgが気化すると約4.82m3となります。(数値は地域・気温により若干異なります。)

なお、気体のLPガスを液化するにはプロパンの場合常圧で-42℃(プタンの場合-2℃)に冷やすか常温で0.8~0.9Mpa(8~9kg/cm2)ブタンの場合0.2~0.3Mpa(2~3kg/cm2)の圧力を加えます。

使用上の留意点

LPガスが液体から気体になると体積は約250倍に増加します。

またガス漏れすると空気より重いため床面などの低いところに滞留します。そのためLPガス漏れ警報器は部屋の低いところに設置します。

どこからくるの

LPガスは天然ガス田や油田から産出されるとともに原油を精製する過程でも出ます。

その比率はおよそ3分の1ずつとなっています。日本のLPガスは約4分の3を海外から輸入し残りは国内に輸入された原油を精製する際に生産されています。

その輸入先はサウジアラビアが全体の約3割、中東全体で約8割をしめていることから供給基盤が脆弱になっています。

一方LPガスは天然開発に伴う生産の増加、中東以外の供給多様化が期待されています。

LPガスと都市ガスの比較

都市ガスには地域によってさまざまな種類のガスがあり、同一の消費設備や器具が使用できない場合がありますので、転居などの際には注意が必要ですが、家庭用LPガスは、日本全国いずれの地域においても同じ消費設備や器具を使用することが出来ます。

なお、発熱量・比重は次のとおりです。発熱量プロパン99.096MJ/m3、23,673kcal/m3比重(空気1に対して)1.55。

都市ガスは発熱量45.047MJ/m3、11.000kcal/m3比重(空気1に対して)0.56。

 

ページ先頭へ